家庭菜園から学ぶこと-オンラインヨガ

こんにちわ。
オンラインヨガ「Aimani YOGA」インストラクターのTsukaです。

我が家で家庭菜園を始めて、早半年が経ちました。

山中湖は気温が低く、真冬はマイナス10~15℃ぐらい。

何も知らずにテラスで育てていたサボテンや観葉植物が一晩で全滅してしまったりと、寒冷地の植物の栽培について失敗を経験しながら、日々学んでいます。

昨年は雨が非常に多い年だったそうで湿度が高く、晴れた日が少なかったせいか野菜の育ちも悪くて、成長せずに腐ってしまうものも沢山ありました。

種の袋に記載してある通りに種付けや苗を植えても実際の我が家の庭の土の状態や、気温、湿度、日照時間など色々な状況が植物にとって良くなければ芽を出さず、成長せずで失敗に終わってしまいます。

あれも育てたい、これも育てたい!

っと本を読んだり、ネットで調べたりして知識だけ取り入れても、頭でっかちになるだけで実際に育てても駄目にしてしまうケースが多々ありました。

最近は毎朝、植えたハーブや野菜を収穫する際に葉っぱが元気かどうか、どのくらいの速度で成長しているか、土の状態はどうかなどじっくり観察するようにしています。

時にはしっかり収穫した方が、他の部分が育つこともあるのでバランスを見ながら収穫しています。

気がつくと何だか、ヨガやピラティスにとっても似ているなっと思いました。

  • あんな風に動きたい!!
  • こんな風にポーズをとってみたい!

など自分の体を無視して色々なことを押しつけても怪我をしてしまったり。。。

アーサナの形はできているのに全然気持ち良く感じなかったり。。。

体の柔軟性や関節の可動域、筋肉の強さなど色々なことを考慮して、自分の状態に合わせて行うには先ずは自分をじっくりと観察する。

そして自分の体や心身のバランスを整えるのに必要なポーズやヨガは何なのかっを知ること。

 

私はレッスンの前に、必ず観察する時間を取るようにしています。

実は何気にこの時間って、とっても重要だったりするんですよ!

 

皆さんは自分を観察する時間をとっていますか?

一日1~2分でも、静かに座って自分を感じてみる時間を作ってみてくださいね。

 

Aimani YOGA