気になる顔のたるみ-オンラインヨガ

こんにちは。
オンラインヨガ「Aimani yoga」インストラクターのMinaです。

少し前の話ですが、対面でのレッスンが終わった後のこと。

久しぶりに生徒さん数人とお話をしました。

その時に話題になったのが、「顔のたるみ」でした。

コロナ禍で人と会っておしゃべりする機会がめっきり減って、マスク生活が長くなったら顔の老化が気になって〜!と口を揃えておっしゃっていました。

家にいる時間が増えてちょっと気楽に感じる一方で、外に出て色んな人と接することがなくなったことで、こんなにも影響があるんだなぁと私自身も実感しています。

体が運動不足で使わない部分の筋肉が衰えてくるのと同じく、顔の表情が乏しくなると、顔の筋肉が働かず、凝り固まったりたるんできてしまいます。

最近ヨガをしていて頭を下げるポーズのときに、ほっぺたのたるみを感じるようになりまして。。。

これはまずいっ!

とこっそり鏡の前でにっこり笑って口角を上げるようにしています(笑)

笑顔をつくることで、顔の引き締めやリフトアップ効果だけでなく、幸せホルモンが分泌されて、免疫力もアップするそうです。

笑顔とまでいかなくても口角を上げるだけで、脳が楽しいと勘違いをして、セロトニンを分泌します。

セロトニンとは体内で重要な役割を果たす神経伝達物質で、精神を安定させたり自立律神経のバランスを整えてくれます。

お風呂に入って気持ちがいいなぁとリラックスしたときなど、このセロトニンが増えます。

気づいた時に、時々マスクの下で口角をあげるようにしてみるといいかもしれません。

ちょうどマスクに隠れて人には見えないですしね!

また、Maki先生の日曜夜のあじわいヨガでも、顔ヨガを取り入れてレッスンされていますので、最近顔のたるみが気になるなぁという方におすすめです。

私も受けたことがありますが、やっているそばから筋肉痛になりそうなくらい顔の筋肉を使っているのを感じて、普段どれだけ表情筋を使っていないかを実感しました。

マスクなしの生活に戻った時に困らないように、顔の表情豊かに日々意識して過ごしたいですね。

 

Aimani YOGA