シャウチャ/ヨガの八支則(ニヤマ)-オンラインヨガ

こんにちわ。
オンラインヨガ「Aimani YOGA」インストラクターのTsukaです。

昨年、東京から山中湖に移住して、約半年が経ちました。

こちらに来てからは、主人と二人で家の改装(DIY)を行い、壁を左官したり、棚を作ったりと心地の良い環境作りを目指して、日々を明け暮れてきました。

やっと人を招くことができるぐらいに部屋も整い、少しずつお友達も訪ねてくるようになりました。

“ 折角来てくれるのであれば、みんなに心地よく過ごしてもらいたい!”

っとそんな想いから、お友達が来る前は、念入りに二人で家中を大掃除します。

普段から綺麗にはしているものの、相手のことを配慮することで、気が付かなかったよごれや、修理が必要なところ、変えたりした方が良いところ等が、面白いほど次々と見つかります。

 

皆さんはヨガの教えの中の

“アシュタンガ=八支則(はっしそく)”

という8つの段階・行法があることをご存じでしょうか?

 

ヨガの聖典、聖者パタンジャリが説いた「ヨーガ・スートラ」の中に出てくる、ヨガ哲学の基本的な教えのことなのですが、その中の「ヤマ」「ニヤマ」の実践は、日々の生活の中にも取り入れ易く、でもその実践がとても難しいとも言われています。

私はヨガに出逢い、この二つの実践をいつも頭において生活をし始めた事で、人生に大きな変化が起こりました。

今でもその心得の基盤があることで、日々の鍛錬になっているのかもしれません。

今日はその中の「ニヤマ(Niyama)」日常生活で行ったほうが良い心得の中の 「シャウチャ」 についてお話ししたいと思います。

シャウチャ(Saucha)とは ?

インドのサンスクリット語で “浄化、清浄、清潔” という意味を持つ言葉になり、自分の身の回りの空間を清潔に保ったり、身だしなみを整たり、そして何より自分の身体と心もいつもきれいな状態に保つという教えのことです。

家の中をせっせと綺麗にしていると、終わった後の爽快感もあるし、何しろ自然と気持ちが前向きになります。

相手に不快感を与えないよう、おもてなしの気持ちを持つことで、そこから作り出されるポジティブな気持ちは、逆に自分にエネルギーを与えてくれているようです。

身体の内側の清浄とは?

ヨガして体を動かしたり、体を淀みのない状態にすることや、健康的な食生活を心掛けたりして、からだの内側から綺麗することで、からだのエネルギーの流れを整えること。

心の清浄とは?

たとえ苦手な人がいたとしても、愚痴や悪口などを言わず、自分はそのようにならないよう反面教師にすることで、そのネガティブな気持ちを浄化すること。

そして見習いたい人がいたら、自分もそんな人になれるよう精進するいくこと。

このシャウチャの心得は、身体の外側と内側どちらも大切なことだと言われています。

内側も外側も綺麗に整え、健康的で平穏な自分を築きあげることで、まわりの人たちにもエネルギーをシェアしていきながら、自分もそして周りの人たちも元気に毎日を過ごせるようにしましょう!

 

Aimani YOGA