体感の中からの気づき-オンラインヨガ

こんにちは。
オンラインヨガ「Aimani YOGA」、インストラクターのMinaです。

私はスキーが趣味なのですが、上手い人の滑りを見ると、その人の身体に入ってどんな風に身体を動かしてそれがどんな感覚なのかを感じてみたいなぁと常々思います。

You Tubeなどで上手い人の動画を見ては、イメージトレーニングやノウハウを学ぶのですが、いざ滑り始めるとなかなかそのようにはいかず、試行錯誤しながら色んな練習を積み重ねていくうちに、あれっ感覚が変わった!と感じる時が来て、滑りも変わってきます。

先日、長年レッスンに通ってくださっているとても熱心な生徒さんとヨガの話をしていたときのことです。

その方はとても頑張り屋さんで努力家なのがポーズにも表れていて、頑張りすぎて常に体に力が入ってしまう感じでした。

呼吸が「吐く」「吸う」という行為で成り立つのと同じく、適度な「緊張と弛緩」のバランスがとても大切です。

伸びようとする動きの時に、常に常に伸びることだけを意識していると、身体がピーンと緊張した状態になってしまいます。
伸びる感覚があったら、次は緩めることを意識することで、さらにまた心地よく自然と伸びてきます。

レッスンの中で、力が入りすぎてしまっている、ということに自分で気づいてもらえるよう、緩める声かけや動きを入れるのですが、なかなか緩めるという感覚が掴めない、緊張状態にあること自体に気づかなかったりします。

それでも繰り返し繰り返しやっていくことで、自分で自分の身体の状態がどうなっているか分かるときがやってきます。

今まで眠っていた感覚が目覚めていくように。

そのことに気づくタイミングがやってきたのでしょう。

その方は
「先生、力を抜く方が伸びるんだね。今まで頑張って伸ばそうとし過ぎてたよ。」と。

私は毎回それを伝えていたつもりでしたが、自分の体感としてそれを体験してみて初めてその言葉を受け取れるんだなと気づかされました。

何事も自分の体感や体験を通じてこそ、真の理解が訪れる。
そしてそのタイミングは人それぞれ。

だから焦らずマイペースに続けていきましょう。

Aimani YOGA