梅雨の養生-オンラインヨガ

こんにちわ。
オンラインヨガ「Aimani YOGA」です。

過ごしやすい春が終わり、夏の前に遂に梅雨の季節がやってきます。

日本は6月頃からと言われてはいますが、温暖化の影響で時期が早まったり、長引いてしまう地域も多いようです。

じめじめとした蒸し暑い日が続くと、気分も何となく鬱々したり、食欲不振になったり、むくみやだるさを感じたりと体調を崩す人も増えてきます。

中医学では、梅雨は「長夏」という季節にあたり、この時期に体に影響する気(邪気)は「湿邪(しつじゃ)」と言われ、湿が非常に強く人体に影響します。

湿は陽気を傷つけ、気の流れを阻害してしまう為、体のエネルギーが滞り、頭痛、めまい、胸のつかえ、腹部脹満、食欲不振などの症状を起こしてしまうのです。

梅雨の不調は、体に溜まった「湿」が原因

梅雨の体のだるさやむくみが起こる原因は、この時期の強い湿の影響でからだの代謝機能がうまく働かなくなり、体内に水分が溜まりやすくなってしまうからだそうです。

その他の症状は…
  • 下痢
  • 発汗
  • おりもの、尿が濁る
  • 皮膚が湿っぽくなる
  • 筋肉や関節の痛み

 

中医学では季節それぞれに深く関連する臓器があると考えられていて、梅雨に 関連する臓器は「脾」と言われていますが、これは脾臓を指すわけではなく、消化・吸収に関わる機能全体を意味しています。

季節に関連する臓器をケアすることで、その時期を健康に過ごすことができるそうなので、この時期は「脾」の養生を心がけることが大切です。

梅雨の養生って何をしたら良いの?
  • からだの余分な水を追い出す「利水、袪湿(きょしつ)作用」のある食べものを食べる

小豆、黒豆、緑豆、えんどう豆、大麦、玄米、とうもろこし、アスパラ、冬瓜、きゅうり、キャベツ、さやいんげん、枝豆、レタス、スイカ、ぶどう、さくらんぼ、あさり、海藻、緑茶、ウーロン茶など

 

脾を健康にする食材を食べる

大豆、いんげん豆、ひよこ豆、じゃがいも、さつまいも、山芋、枝豆、オクラ、なす、人参など

 

★気の巡りを良くする食材を食べる

大葉などの香りのよいもの、ニンニクの芽など

 

★甘いものは湿を溜める為、採りすぎに注意する

 

★冷たいものや生ものは「脾」を傷つけ、「湿」を増やしてしまうため控える

 

★通気をして風通しのよい住環境で過ごしましょう。

 

おすすめ食材には、旬のものが多いことに気づいた方もいるのではないでしょうか?

その時季の旬のものを摂ることは、自然の一部である体のために、とても理にかなっているのですね。

 

そして何より、からだを動かすことでからだの気の巡りがよくなり、体の水分循環も促されます。

どよ~んとした気持ち、スッキリして、梅雨の鬱々も解消できます。

雨で外出が出来ないときは、是非、お部屋でヨガを楽しでみてください!

 

Aimani YOGA