カラダからのSOSサイン?-オンラインヨガ

こんにちは。
オンラインヨガ「Aimani YOGA」です。

 

皆様はチョコレートを無性に食べたくなる時はありませんか?

実はそれ、、、カラダからのSOSサインかもしれません。

 

無性に甘いものが食べたくなるとき


タンパク質が不足している可能性があります!


タンパク質が不足すると、
セロトニン物質までもが不足します。
これにより、カラダは糖度の高いものを欲します。

素直に甘いものだけを摂取してはいけません。
赤身肉や大豆などを積極的に摂るようにしましょう。

 ちなみに【チョコレート】が欲しくなるときは、「マグネシウム」が不足している可能性があります。

「マグネシウム」が不足すると、疲れやすくなります。

疲れたときに甘いものが食べたくなるのはこのためとも言われているようです。

マグネシウムを補い、チョコレートなどの食べ過ぎを防ぐには、普段の食事や間食で、ナッツやほうれん草・ゴマなどを摂ると良いそうです。

 

無性にジャンクフードが食べたくなるとき


カリウム不足になっている可能性があります!


カリウムが不足していると、
体内に水分をため込んでしまいやすくなり、カラダが脂質を欲します。

カリウムを含む食品、アボカドや切り干し大根、わかめなどを摂るようにすると良いようです。


ジャンクフードは暴食しやすいため、カリウム不足のSOSだと早めに気付き、対処することが重要になります!

 

無性に辛いものが食べたくなるとき


ストレスが溜まっている可能性があります。


ストレスが溜まってくると、人は自然と辛いものを食べたくなるようです。

刺激が強いもので不安やモヤモヤを打ち消そうとするためです。

ただし、胃に負担がかかってしまうため、辛い物を多く摂取することは避けましょう。

 

 

お腹一杯食べても食欲が止まらない方は、カラダからのSOSかも!?

と早めに気付けると良いですね。

 

ただし、食の好みもあると思いますので、すべてが「〇〇不足」に繋がるとも言い切れません。

〇〇が不足しているからと言って、それだけを摂取すれば良いわけでもございません。

 

 いつまでも健康に、元気に過ごせるようにご自身のカラダのことはご自身でしっかり管理しましょう。

 

Aimani YOGA