春分について–オンラインヨガ

こんにちわ。
オンラインヨガ「Aimani YOGA」です。

段々、日中の気温も少しずつあがり暖かい季節になってきましたね。

今日は春分についてお話ししたいと思います。

春分とは?

「春分(しゅんぶん)」は、季節の指標である「二十四節気」の4番目の節気にあたり、春を分けると書くように、暦の上では春の中間に位置し、2021年は3月20日(土)~4月3日(土)の期間のことを指します。

そして日本ではこの春分の日の前後3日間、合計7日間は春の彼岸(春彼岸)といい、先祖の墓参りをする習慣があります。

この頃になると、お婆ちゃんが台所にこもり、ぐつぐつっと小豆を煮て餡をつくり沢山の「ぼたもち」を作ったり、お赤飯を炊いていたのを思い出します。

日本では古くから小豆の赤い色には魔よけの効果があると信じられており、小豆には邪気を払うという意味があったため、ご先祖様へのお供え物として「ぼたもち」が定着したのだそうです。

ちなみに秋のお彼岸は「おはぎ」をお供えしますが、漢字で書くと「牡丹餅」「御萩」となり、春は牡丹、秋は萩と、季節の花にちなんだ名前で呼ばれています。
今では、こうした区別はあまり見られなくなりましたが、昔の人は季節感をとても大事にしていたのですね。

子供の頃、お墓参りをした後に、お婆ちゃんの家でみんなでお赤飯を食べ、白米とは違ったモチモチした食感に、子供心に特別感を感じていたように思います。
みんなで食べるからこそ、一層美味しく感じていたのかもしれません。

昔ながらの習わしを伝えて行く人がいなくなってしまうと、つい忘れてしがちですが、今年の春分にはお婆ちゃんのことを思い出しながら、私もぼたもちとお赤飯をつくってみようと思います。

そして「暑さ寒さも彼岸まで」ということわざがあるように、春分を境に寒さは和らぎ、少しずつ過ごしやすい季節になっていきますね。
昼と夜の長さがほぼ同じになり、この日を境にどんどん昼の時間も長くなっていき、長かった冬も終わり、やっと春を迎える準備です。

 

春分の日は「自然をたたえ、生物をいつくしむ日」という国民の祝日でもあります。

是非、自然のある場所に出かけて自然の変化や季節の移ろいを五感全部で感じて、春を存分に楽しんでみましょう!

 

Aimani YOGA