続・アーユルヴェーダ ドーシャの特徴-オンラインヨガ

こんにちは。
オンラインヨガ「Aimani YOGA」です。

前回、3月10日のブログでは、「アーユルヴェーダとは?」そして「3つのドーシャの性質」についてお話しました。

今回は3つのドーシャについてより詳しく体や性格に現れる特徴を知って、3つのドーシャの理解を深めてみましょう。

自分に照らし合わせながら読んでみてください。

ヴァータ(風)

<体の特徴> やせ型・冷えやすい・乾燥しやすい・便秘傾向・爪が割れやすい・関節の音がなりやすい

<性格> 明るく社交的・直観的で感覚的・想像力豊か・行動が素早く軽快・変化と自由を好む・興奮しやすい・熱しやすく冷めやすい・不安や心配が多く緊張しやすい

ピッタ(火)

<体の特徴> 中肉中背・赤ら顔・汗をかきやすい・体が温かい・軟便で下痢傾向・ほくろやそばかすができやすい

<性格> 情熱的・精力的・正義感が強くチャレンジ精神旺盛・リーダーとしての統率力・理解力が速く鋭い分析力・応用が効き問題解決能力に優れている

カパ(水)

<体の特徴> 大柄で太め・脂性の肌・紙はつややか・優れた体力・強い持久力と安定性・消化が遅い

<性格> 温厚で寛大な人柄・平和的献身的・豊かな愛情と包容力・癒しを与える・辛抱強く堅実・持続力がある・思慮深く落ち着きがある・始めたことはやり遂げる

 

いかがでしたでしょうか?

自分に当てはまるものが特に多いドーシャがありましたか?
それともどれも同じぐらいずつあったでしょうか?

さらにもう少し詳しく体質別に解説をしていきますね。

 

<ヴァータ体質の人>
  • 髪がパサパサしやすかったり、冬場は乾燥でクリームが手放せなかったり。夏でも足裏がカサカサするなど、乾燥体質。
  • 心も体もよく動き、歩くのが速い。
  • 周囲を楽しませるのが上手で、ひらめきやインスピレーションがわく。
  • もの覚えは早いが忘れっぽく、飛ぶ夢を見ることがある。
  • 新し環境や初対面の人ともすぐなじめて、一か所に落ち着くことを嫌い、引っ越しや転職も多い。
  • お金は貯まりにくい。好奇心旺盛なので、興味あることを見つけては使ってしまう。
  • けがをしても比較的治りがはやい。
<ピッタ体質の人>
  • 体が温かく冬でもうっすら汗をかく、薄着でも平気です。
  • 集中力があって、応用がきき、問題解決能力に優れています。
  • 計算も得意です。
  • 正義感が強く、勇敢。リーダーとしての統率力は抜群。
  • 気が合う人とは仲良く、そうでない人には冷たい。
  • 知的でそれを自負しており、他人が自分と同じように知的でないことが許しがたい。
  • 食に関しても、情報に関しても、消化・吸収・代謝能力が高い。
<カパ体質の人>
  • 悠然とどっしりとした落ち着きがある。
  • 争いごとを好まない。
  • 人に癒しを与え、包容力や奉仕の心がある。
  • お金は貯まりやすい。
  • ゆっくりとではあるがやり遂げる。

 

さて、ここまで読んでいかがでしたか?
より自分のドーシャが明確になってきたでしょうか。

ここでひとつ疑問が湧いたかたもいらっしゃるかもしれません。

小さい頃はヴァータの要素が多いけれど、今はピッタの要素が多い・・・など。

生まれついての体質(ドーシャバランス)は、幼少期の頃を自分がどんなだったか思い出してみてください。

ドーシャをより詳しく調べたい方は、ネットで

「ドーシャチェック」と入力すると、質問フォームにチェックをしてドーシャ診断が出来るサイトがいくつもありますので、ご興味あればやってみてくださいね。

次回はドーシャが乱れる要因と乱れたときの兆候、そしてバランスを崩さないための対策についてご紹介します。

日常生活の中でどんなことを取り入れると良いか、どんなことに注意したらいいかなど、参考になると思います。

どうぞお楽しみに☆

 

Aimani YOGA